1

購入の相談

ホームページに掲載されている物件に限らず、物件に関してはお気軽にお問い合わせください。
ご相談いただいたお客様にはエリアや間取りや購入予算などをヒアリングしたうえでお客様に最適な物件のご紹介や資金計画を作成いたします。


物件の価格

+

諸費用

=

自己資金

+

住宅ローン
2

物件見学と選定

様々な諸条件に合った物件が見つかり「実物を見てみたい」と思える物件が見つかったら実際に見学していただきます。納得のいくまでお付き合いいたします。


3

住宅ローン事前審査

せっかく契約したのにローンが断られた…ということがないように購入の意思が固まったら、まず契約前に住宅ローンの事前審査を行います。事前審査とは、本申し込みを行う前にローンが通るかどうか金融機関に見てもらうものです。当社は戸建て業界では珍しくローン課を設けております。大手銀行の経験者がお客様に合った住宅ローンを厳選することにより、購入後のローン支払いについて少しでも多くのメリットを提案することが出来ます。


4

不動産売買契約

条件が整ったら売買契約の前に法律に基づき宅地建物取引士が重要事項説明を行います。内容にご不明な点がある場合は、必ずご確認ください。
その後、「不動産売買契約書」を用いて契約を締結します。売主様と買主様(お客様ご自身)の双方が署名・押印し、買主が手付金を支払って契約が成立します。

不動産売買契約時に必要なもの

  • 家族全員記載分の住民票
  • 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)及び実印
  • 収入印紙
  • 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・マイナンバーなど)
  • 収入証明資料
  • 預金口座通帳
  • 住宅ローン利用時はローン申し込み用書類等

など


5

住宅ローン本申し込み

売買契約締結後に住宅ローンを正式に申し込みます。この際、借入額や期間などの条件は事前審査と同じ条件で審査を依頼します。何かと煩雑な手続きを伴う住宅ローンの手続きも申し込み完了まで当社ローン課が最後までお手伝いいたします。


元利均等返済

元金と利息を合わせた返済額が一定で変わらず、返済金額に占める元金と利息の割合が返済期間に応じて変化していく返済方法。

元金均等返済

元金の支払額を一定にし、残高に応じた利息を載せていく返済方法で、返済当初が最も返済額が多く、返済が進むと返済額も徐々に少なくなっていく。

6

引き渡し

売主様と買主様(お客様ご自身)立ち合いのもと所有権の移転手続きを行います。残代金の支払いと同時に物件の鍵を受け取ります。買主様から残代金の受領と同時に物件の引き渡しを行います。以上で売却手続きのすべてが完了します。